緑黄色野菜を積極的に食べよう

緑黄色野菜を積極的に食べよう

緑黄色野菜に多く含まれるのはカロテンです。必要に応じてビタミンAに変わるのです。抗酸化作用がとても強くてコレステロールの酸化予防、悪玉コレステロールを減らしたりと人間には必要な野菜なのです。

 

このことから、ガンや動脈硬化など生活習慣病の予防ができるのです。ビタミンAは肌の新陳代謝の活発化免疫機能を正常化に、アレルギーの改善効果も期待が持てます。代表の野菜としてはしそ・モロヘイヤ・にんじんなどが多くカロテンを含んでいます。次にビタミンB1ですがこれは疲労回復をしてくれるビタミンです。糖をエネルギーに変える働きをするB1は欠かせない栄養素です。不足すると疲労感・倦怠感・食欲不振・集中力低下につながります。

 

B1は加熱に弱く水溶性なので洗うと流されてしまったりするのです。代表の野菜としては枝豆・にんにく・モロヘイヤなどに多くビタミンB1を含んでいます。次はビタミンB2です。皮膚や粘膜、健康維持を助ける働きをするビタミンB2です。別名発育のビタミンと呼ばれています。成長を促進するため、皮膚・髪の毛・爪などの細胞再生に欠かせません。活動的な人やダイエット中の人は積極的に摂取することが必要です。こちらも水溶性なので水や煮汁に流れやすい性質を持っています。代表的な野菜としてはモロヘイヤ・しそ・パセリに多く含まれています。ビタミンCは美容にかかせませんが、身体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンをつくるのにとても必要になります。そして、ストレスへの抵抗力や鉄の吸収力を良くする効果があります。

 

ストレスの多い人は積極的に摂取してください。代表的な野菜は赤ピーマン・黄ピーマン・パセリ・ブロッコリーに多く含まれています。カルシウムは骨や歯の構成成分として働いています。貯蔵カルシウムと機能カルシウムとがあり、貯蔵カルシウムは骨や歯に機能カルシウムは筋肉の収縮、神経伝達物質を放出することにより生理機能を調節してます。そして心の安定を図っています。代表的な野菜としてはパセリ・モロヘイヤ・しそに多く含まれています。

 

日本人がいちばん不足している食物繊維は食後の血糖値の上昇を緩やかにし、腹持ちをよくする効果があります。ダイエットでよく知られている栄養素です。便秘の予防・整腸効果・血中のコレステロールの濃度低下などが期待されます。代表的な野菜としてはしそ・パセリ・モロヘイヤが多く含まれています。こうしてみると全てに最も適した野菜はモロヘイヤがダントツに栄養素が含まれていることがわかりました。